AX
+RSS
Add to google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader



このエントリーをはてなブックマークに追加

塾バイトFAQもあり、同じ大学生の先輩たちが教えてくれたり、研修もあるという塾講師JAPAN。新入生の方、のぞいてみれば。 全国からも探せるようです。


Honya Club.com

PINGOO!より新サービス!!
ブログの更新をメールで配信

フリーメールでも利用できるかもしれません
あなたのメールボックスに、更新通知をお届け!!



提供:PINGOO!


ブブログに登録してある「現代思想の本」




+PROFILE
+ランキングサイト
ランキングサイトに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします!!

PINGOO!カテゴリ教育・教養

+RECOMMEND
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000)
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000) (JUGEMレビュー »)
矢田部 英正
西洋人が、着物を着ていているのをいつも違和感を持ちながら、眺めていたが、それは、日本人がロック・ミュージックをするようなものとも思っていたが、この本は、現代日本人の立ち方、坐り方、服の着方、履き物の履き方など、なにげない日常の動作から浮かび上がってくる、身体にしみこんだ武道、茶道、能薬、禅など伝統文化の深層。
「身体」を通した画期的な今までにない全く新しい日本人論。
+RECOMMEND
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書)
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
吉見 俊哉
今、読んでいます。
気鋭の社会学者が記述した現代史だけあって、大変、面白いです。
+RECOMMEND
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌]
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

今の言論ジャーナリズムに、「原発に対する多様な見方を提出していないではないか。」と記事に書きましたが、それは、僕の思い上がりでした。
ちゃんと、ありました。
注目していた雑誌ですが、バックナンバーでも特別企画を組んでいます。
+RECOMMEND
ちくま哲学の森 1 生きる技術
ちくま哲学の森 1 生きる技術 (JUGEMレビュー »)

「文学の森」というのは知っていたのですが、「哲学の森」といのも刊行予定だそうです。
+RECOMMEND
日本の大転換 (集英社新書)
日本の大転換 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
中沢 新一
かつてのニュー・アカからの提言。
+RECOMMEND
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書)
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
畑村 洋太郎
本屋で目次のみ見ましたが、とても興味深そうでした。
著者は、「失敗学」の専門家です。
「原発事故調査・検証委員会」委員長になられたそうです。
+RECOMMEND
原発のウソ (扶桑社新書)
原発のウソ (扶桑社新書) (JUGEMレビュー »)
小出 裕章
今最も売れている原発に関する本。
+RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

今回の福島原発事故が起きる以前ずっと前から、真摯に市民として原発の危険性を訴えていた高木仁三郎氏の著書。

高木仁三郎氏は、惜しくも近年、亡くなっておられます。
+RECOMMEND
日本中枢の崩壊
日本中枢の崩壊 (JUGEMレビュー »)
古賀 茂明
話題の本です。
+RECOMMEND
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている! (JUGEMレビュー »)
藤本 一勇,清家 竜介,北田 暁大,毛利 嘉孝
正真正銘の現代思想入門の本です。
全く初めての方にとっては、少し難しいかも知れませんが・・。
+RECOMMEND
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫)
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 英敬
出版されたのは、随分以前ですが、すぐに書店から消えてしまい、目次なども確かめられないままにきました。
先日、重版されたのか、書店で見かけ立ち読みしました。
予想通り、とても興味深そうでした。
+RECOMMEND
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則 (JUGEMレビュー »)
P・F. ドラッカー,上田 惇生
今、売れています!!
+RECOMMEND
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207)
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207) (JUGEMレビュー »)
中野 明
最近、読み終えた本です。
ドラッカー本といっても、ちまたの軽い本ではありません。
大変、示唆に富む本でした。
今、まとめに入っています。
いずれ記事で紹介できればと思ってます。
+僕の本棚
ブブログに登録してある「ドラッカーに関する本」


+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3


<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
トグサ
profilephoto
生命科学系で遺伝子分子生物学の講座の修士課程を修了。
免疫系の博士に進学したかったのですが、父親の反対で、自分でお金を貯めてと決意し、社会人へ。
しかしながら、例え、無利子の奨学金を得たとしても、下宿費などを勘案したりすると、膨大なお金が掛かり、教員となり、奨学金が免除されない限り、奨学金も返せる見込みが立たないことを知る。

また、当時、少しづつ明らかにされているところによると、100万人計画により、大量の博士号取得者が増えていたが、企業は、研究者に博士まで求めておらず、ほとんどの者がフリーター生活を余儀なくされている事を知り、断念。

ちなみに、大学図書館でペーパー(論文)を読み漁り、僕が行こうとした研究室の先生、審良静男先生は、世界で一番、論文引用回数が多い、今、最もノーベル賞に近い人物である。

論文の重要性というのは、数ではないのである。
どれだけ世界の科学者達に引用されたが、大きな指標となる。

■教養課程時代
教養課程時代の古本屋で、偶然、見つけた丸山眞男の『現代政治の思想と行動』の論文に、今まで読んだことのない日本人離れしたシャープな切れ味の分析にいたく感銘。
もともと、歴史に非常に興味があり、学生時代、本屋で山口昌男氏の著作やレヴィ・ストロースの『悲しき熱帯』などを、何度も立ち読みしては、自分には難し過ぎると、本を棚に返す事たびたび。

学生時代に理解できなかった書籍も、その後、少しずつ読めるようになったが、興味が変わったせいもあり、結局、今のところ、レヴィ・ストロースの『悲しき熱帯』は、読まずじまい。

教養課程の有機化学の講義を、一番後ろで、山口昌男の岩波新書の『文化人類学入門』などを読んでいた、一風、変わった理系学生であった。

当時、難解な哲学書にしては、ベストセラーを記録していた浅田彰の『構造と力』により、現代思想に目覚める。
この『構造と力』で大きく取り上げられていたクリステヴァには、非常に興味がそそられるのだが、いまだ1冊も読めておらず。

教養課程時代は、ほかにローレンツの動物行動学にも興味があった。

一見、文系人間のようにも見えますが、理系に進んだことを全く後悔しておりません。
それまでは、どちらかというと文系的要素に惹かれていたのですが、高校時代の主に数学にハッキリみられる"答えがはっきり出る”世界観が好きになる。
が、その後、大学の研究室での実験経験により、再び、いかようにも解釈ができる複雑な世界に再び回帰。

ちなみに高校時代は、日本史専攻。

■学部時代
学部時代に、指導教授となった先生が使っていたワトソンの『遺伝子の分子生物学』の鋭く考察に考察を重ねていたテキストで、そちら方面に行くことを決意。
同時に、当時から免疫にも興味があった。

予備校の調査によると、学部入学時は、2位。
指導教授に提出した、課題図書を「こんなの科学でもなんでもない」と、ケチョンケチョンにけなしたレポートが、学内唯一"very good"の評価を頂く。
生意気な学生であっただろうが、そんなレポートに過大な評価を頂いた指導教授も非常にリベラルな方であった。

■研究室時代
バブルというバカげた時代のため、非常に苦労する。
研究者としては、全く失格だったのだが、テクスト派の僕は、実験をどこか低く見ており、目の前のバカ騒ぎしているゼミ室が煩く、主に図書館を憩いの場とする。
なんら目ぼしい実験結果を残せず。

国や時代が違うとはいえ、院生という立場にありながら、実験などせず、他人の実験データをこねくり回し、結果、分子生物学の夜明けを作ったワトソンとクリック達は、信じられない存在だ。

研究室時代に購入した馬鹿高く、分厚すぎるワトソンらの『遺伝子の分子生物学』、『細胞の分子生物学』は、今でも持っている。

■住んでるところ
神戸近郊の地方都市在住。

■ブログの変遷
2005/06/16 
リアルでは、それほどコアで趣味のあった映画ファンであった友人が、引っ越してしまい、映画を熱心に話せる友人がいなくなったので、当時、まだまだサービス自体が始まったばかりのブログに注目し、「映画ブログ」を開設。
当時、僕もブログ=日記??程度の認識であった。

本屋で沢山、関連書籍を購入し、同時に週末起業の一つとして紹介されていたアフィリエイトにも挑戦してみる。
が、本には「好きなことでお小遣い程度の収入が得られる。」と紹介されていたが、今ほどツールが発展しておらず、そのリンクを作成するのも、Web作成については、全く音痴で苦労したが、ほとんど1円の収入も得られず。

その後の調査で、「1ヶ月でアフィリエイト収入が1000円を超えるものは、約1割程度。」という報告があったが、便宜上、1000円としているだけで、僕の実感としては、100円でも結果は同じだと考える。
また、数年後、本や雑誌でアフィリエイトは手軽に始めれるツールとして紹介されたためか、それまでは、どちらかというとファンが好きなアーティストなりを紹介するついでに、アフィリエイトを組んでいたのが、有象無象の輩が多量に参入し、アフィリエイトと聞いただけで、虫酸が走るという業界の大いなるイメージダウンにつながる。