AX
+RSS
Add to google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader



このエントリーをはてなブックマークに追加

塾バイトFAQもあり、同じ大学生の先輩たちが教えてくれたり、研修もあるという塾講師JAPAN。新入生の方、のぞいてみれば。 全国からも探せるようです。


Honya Club.com

PINGOO!より新サービス!!
ブログの更新をメールで配信

フリーメールでも利用できるかもしれません
あなたのメールボックスに、更新通知をお届け!!



提供:PINGOO!


ブブログに登録してある「現代思想の本」




+PROFILE
+ランキングサイト
ランキングサイトに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします!!

PINGOO!カテゴリ教育・教養

+RECOMMEND
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000)
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000) (JUGEMレビュー »)
矢田部 英正
西洋人が、着物を着ていているのをいつも違和感を持ちながら、眺めていたが、それは、日本人がロック・ミュージックをするようなものとも思っていたが、この本は、現代日本人の立ち方、坐り方、服の着方、履き物の履き方など、なにげない日常の動作から浮かび上がってくる、身体にしみこんだ武道、茶道、能薬、禅など伝統文化の深層。
「身体」を通した画期的な今までにない全く新しい日本人論。
+RECOMMEND
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書)
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
吉見 俊哉
今、読んでいます。
気鋭の社会学者が記述した現代史だけあって、大変、面白いです。
+RECOMMEND
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌]
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

今の言論ジャーナリズムに、「原発に対する多様な見方を提出していないではないか。」と記事に書きましたが、それは、僕の思い上がりでした。
ちゃんと、ありました。
注目していた雑誌ですが、バックナンバーでも特別企画を組んでいます。
+RECOMMEND
ちくま哲学の森 1 生きる技術
ちくま哲学の森 1 生きる技術 (JUGEMレビュー »)

「文学の森」というのは知っていたのですが、「哲学の森」といのも刊行予定だそうです。
+RECOMMEND
日本の大転換 (集英社新書)
日本の大転換 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
中沢 新一
かつてのニュー・アカからの提言。
+RECOMMEND
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書)
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
畑村 洋太郎
本屋で目次のみ見ましたが、とても興味深そうでした。
著者は、「失敗学」の専門家です。
「原発事故調査・検証委員会」委員長になられたそうです。
+RECOMMEND
原発のウソ (扶桑社新書)
原発のウソ (扶桑社新書) (JUGEMレビュー »)
小出 裕章
今最も売れている原発に関する本。
+RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

今回の福島原発事故が起きる以前ずっと前から、真摯に市民として原発の危険性を訴えていた高木仁三郎氏の著書。

高木仁三郎氏は、惜しくも近年、亡くなっておられます。
+RECOMMEND
日本中枢の崩壊
日本中枢の崩壊 (JUGEMレビュー »)
古賀 茂明
話題の本です。
+RECOMMEND
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている! (JUGEMレビュー »)
藤本 一勇,清家 竜介,北田 暁大,毛利 嘉孝
正真正銘の現代思想入門の本です。
全く初めての方にとっては、少し難しいかも知れませんが・・。
+RECOMMEND
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫)
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 英敬
出版されたのは、随分以前ですが、すぐに書店から消えてしまい、目次なども確かめられないままにきました。
先日、重版されたのか、書店で見かけ立ち読みしました。
予想通り、とても興味深そうでした。
+RECOMMEND
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則 (JUGEMレビュー »)
P・F. ドラッカー,上田 惇生
今、売れています!!
+RECOMMEND
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207)
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207) (JUGEMレビュー »)
中野 明
最近、読み終えた本です。
ドラッカー本といっても、ちまたの軽い本ではありません。
大変、示唆に富む本でした。
今、まとめに入っています。
いずれ記事で紹介できればと思ってます。
+僕の本棚
ブブログに登録してある「ドラッカーに関する本」


+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 正式に、「KI-Academic」 http://ki-academic.lomo.jp/ に引っ越しました | main | いつかきっと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
被災者の方々へ もう一度、あなた方の声を届けてください
被災地岩手から「お花見」のお願い


これは、震災直後、話題になった岩手県の酒蔵の蔵元さんからの声である。
全国が自粛モードなった当時、この呼び掛けは、大いに波紋を呼び、 我が同じく被災県の地元新聞・神戸新聞の読者投稿欄でも、大いに波紋を呼び、様々な意見が交わされた。
「そうだ。我々は、東北を助けるために、大いに花見をしよう!!」
「日本人は、昔から喪に服するという習慣がある。隣人が大変な時に、我々だけが、楽しむというのはできない。」
答えは、それぞれの胸にあり、安易な正答などないであろう。



ここで、少し難しい話を。
現代思想家で、フランクフルト学派の一人、ハーバマスは、熟議討議を通して、新しい公共性を夢見た。
彼の主張する熟議討議とは、カフェでの政治談議から、世論を形成していくというものだった。
フランスでは、カフェテリアで政治について、議論する機会は少なくないと聞く。
しかし、我が日本では、イデオロギーの時代、政治に関する議論は、タブーであり、今現在、同じくカフェで、政治のみならず、自然科学についても議論しようという動きが、こちら神戸では実際にある。
しかし、フランスでもようだが、このハーバマスの『公共性の構造転換』は、一部で重要視されているが、大きなうねりとはならずに終わっている。

しかし、今、我々は、個人が簡単に情報発信できるツールを沢山、手にしている。
一体、全体、福島で何が起きているのか?
サラリマン化し、臆病な大手ジャなーリスト共が、福島に入らない状況下、南相馬市の市長であったと思うが(間違いなら、後ほど訂正します。)、現場からの貴重な声を、ネット上にアップしていた。

上記、新聞でのやり取りの中で、いわば「上からの」ではなく、「民衆から」いわば「下からの」新しい公共性・世論形成の萌芽を読み取れないだろうか?

日本で嘱望されていた”気鋭の現代思想家”東浩紀 +Hiroki Azuma は、多くの学者らが敬遠する中、こういうソーシャルで、何かやっているようだ。
しかし、彼ら、ツイッター等でも、展開している中堅・もしくは若手の学者に共通して言えることだが、彼らは、 あまりにもネットに対しての感性が、ナイーヴ過ぎる。
あんなにも、Twitterを褒めたたいてた東も、やがて、公開設定を「非公開」にし、仲間内で何かやっているようだ。

橋下徹のブログもそうだが、 こういうソーシャル・メディアの新しさと命は、双方向性にあるというのに、全く、それを理解していない!!

まぁ、東が非公開にした理由もこの辺にあるのだろうが、その後、僕らのもとに、被災者の声が届かなくなってしまった。
それは、ネット上で交わされる目を覆いたくなるひどい意見と勘違いしている人達からの中傷の影響であろう。
このことを、ソーシャル・メディア関係者(僕の目には、日本在住でまともな人はいないように思うが)は、重く受け止めるべきであろう。
どれだけ、ツールが発展しようとも、それを利用する人達が、何も解っていなければ、なんんの発展もない。
せいぜい、お喋りか、「有名人が、ココにいるよ!」とつぶやく暇人と、それを烈火の如く叩くアホでくだらない死に体のメディア。

僕は言いたい。
被災者の方々へ。
バカな輩が跋扈する時代・メディアだが、 それでもあなたがたの声を届けて欲しい。
mixiで、その後超超巨大コミニティとなった阪神大震災を子供の頃、経験した人が立てた緊急掲示板。
そこには、女性のレイプに合わないための対応なども書かれていた詳細で貴重な「緊急時の対応」の前に、こう書かれていた。
「あの頃、僕らが欲しくてなかったメディア、ソーシャル・メディアというメディアが、今、私たちは手にしている。」

その後、この掲示板がどうなったか、皆さんのご想像にお任せします。

Kazuo Ito - Google - これは、震災直後、話題になった岩手県の酒蔵の蔵元さんからの声である。全国が自粛モード...より。
| - | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:09 | - | - |









http://gakumon-suru.jugem.jp/trackback/51