AX
+RSS
Add to google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader



このエントリーをはてなブックマークに追加

塾バイトFAQもあり、同じ大学生の先輩たちが教えてくれたり、研修もあるという塾講師JAPAN。新入生の方、のぞいてみれば。 全国からも探せるようです。


Honya Club.com

PINGOO!より新サービス!!
ブログの更新をメールで配信

フリーメールでも利用できるかもしれません
あなたのメールボックスに、更新通知をお届け!!



提供:PINGOO!


ブブログに登録してある「現代思想の本」




+PROFILE
+ランキングサイト
ランキングサイトに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします!!

PINGOO!カテゴリ教育・教養

+RECOMMEND
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000)
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000) (JUGEMレビュー »)
矢田部 英正
西洋人が、着物を着ていているのをいつも違和感を持ちながら、眺めていたが、それは、日本人がロック・ミュージックをするようなものとも思っていたが、この本は、現代日本人の立ち方、坐り方、服の着方、履き物の履き方など、なにげない日常の動作から浮かび上がってくる、身体にしみこんだ武道、茶道、能薬、禅など伝統文化の深層。
「身体」を通した画期的な今までにない全く新しい日本人論。
+RECOMMEND
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書)
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
吉見 俊哉
今、読んでいます。
気鋭の社会学者が記述した現代史だけあって、大変、面白いです。
+RECOMMEND
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌]
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

今の言論ジャーナリズムに、「原発に対する多様な見方を提出していないではないか。」と記事に書きましたが、それは、僕の思い上がりでした。
ちゃんと、ありました。
注目していた雑誌ですが、バックナンバーでも特別企画を組んでいます。
+RECOMMEND
ちくま哲学の森 1 生きる技術
ちくま哲学の森 1 生きる技術 (JUGEMレビュー »)

「文学の森」というのは知っていたのですが、「哲学の森」といのも刊行予定だそうです。
+RECOMMEND
日本の大転換 (集英社新書)
日本の大転換 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
中沢 新一
かつてのニュー・アカからの提言。
+RECOMMEND
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書)
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
畑村 洋太郎
本屋で目次のみ見ましたが、とても興味深そうでした。
著者は、「失敗学」の専門家です。
「原発事故調査・検証委員会」委員長になられたそうです。
+RECOMMEND
原発のウソ (扶桑社新書)
原発のウソ (扶桑社新書) (JUGEMレビュー »)
小出 裕章
今最も売れている原発に関する本。
+RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

今回の福島原発事故が起きる以前ずっと前から、真摯に市民として原発の危険性を訴えていた高木仁三郎氏の著書。

高木仁三郎氏は、惜しくも近年、亡くなっておられます。
+RECOMMEND
日本中枢の崩壊
日本中枢の崩壊 (JUGEMレビュー »)
古賀 茂明
話題の本です。
+RECOMMEND
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている! (JUGEMレビュー »)
藤本 一勇,清家 竜介,北田 暁大,毛利 嘉孝
正真正銘の現代思想入門の本です。
全く初めての方にとっては、少し難しいかも知れませんが・・。
+RECOMMEND
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫)
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 英敬
出版されたのは、随分以前ですが、すぐに書店から消えてしまい、目次なども確かめられないままにきました。
先日、重版されたのか、書店で見かけ立ち読みしました。
予想通り、とても興味深そうでした。
+RECOMMEND
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則 (JUGEMレビュー »)
P・F. ドラッカー,上田 惇生
今、売れています!!
+RECOMMEND
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207)
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207) (JUGEMレビュー »)
中野 明
最近、読み終えた本です。
ドラッカー本といっても、ちまたの軽い本ではありません。
大変、示唆に富む本でした。
今、まとめに入っています。
いずれ記事で紹介できればと思ってます。
+僕の本棚
ブブログに登録してある「ドラッカーに関する本」


+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3


<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< シリーズ 政治を問う−小泉首相を問う「ニヒリズムの宰相 小泉純一郎論」を読んで | main | 「現代殺人論」を読んで殺人者について考える >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
中沢新一「僕の叔父さん網野善彦」
中沢新一といえば、80年代後半、“ポストモダン”という言葉がはなやかし頃、浅田彰とともに颯爽と登場したニューアカデミシャンだ。
その中沢新一と、これまた旧来の歴史学に新風を巻き起こした網野善彦が叔父、甥の関係にあるなんて、本書を手にするまで知らなかった。

僕の叔父さん 網野善彦
僕の叔父さん 網野善彦
中沢 新一
注)購入を検討の方は画像をクリックしてください。
網野善彦の著作は、幾つか読んでいますが、彼の著作に共通するテーマは“非農業民”だ。
僕は、彼がこのテーマをつらい抜いているのは、彼がマルキストで、保守層を中心とした「日本は太古から稲穂の国である。」という思想への単なるアンチテーゼであると皮相的に理解していたが、本書を読んで彼が、もっと深い人類への洞察から、この“非農業民”をテーマにしている事が良く理解できた。

また、網野善彦氏が中沢家と関係を持つ事が、どれほど学問的探求が深まったかも。

本書は、当初は網野善彦氏への追悼文として始まったらしいが、あとがきで中沢新一氏は、「極私的網野論」と述べているが、網野氏と単なる叔父、甥、関係以上に非常に親しくし、人類学、歴史学という分野の違いはあるにしても、互いに学問的に影響し合った中沢氏の高い理解があってこそ、ここまで深い網野善彦の思想の根幹に迫れたのではなかろうか。

できうることなら、網野善彦自身による自身の思想を語る著作を読みたかった。
いずれにせよ、本書は、単なる網野善彦論に終わらない人類学的、歴史学的興味をそそる名著である事には間違いない。

それにしても、集英社新書の編集者の着眼点には、尊敬に値する。
本書に限らず、幾つもの名著を送り出しているのだから。


人気ブログに参加しています。ご賛同していただければ、バーナーをクリックしてください!

にほんブログ村 哲学ブログ 哲学・思想へ

人気ブログのバーナー

TOPに戻る








まとめて購入するなら配送量一括の古本市場がお得!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| 網野善彦 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:06 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。