AX
+RSS
Add to google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader



このエントリーをはてなブックマークに追加

塾バイトFAQもあり、同じ大学生の先輩たちが教えてくれたり、研修もあるという塾講師JAPAN。新入生の方、のぞいてみれば。 全国からも探せるようです。


Honya Club.com

PINGOO!より新サービス!!
ブログの更新をメールで配信

フリーメールでも利用できるかもしれません
あなたのメールボックスに、更新通知をお届け!!



提供:PINGOO!


ブブログに登録してある「現代思想の本」




+PROFILE
+ランキングサイト
ランキングサイトに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします!!

PINGOO!カテゴリ教育・教養

+RECOMMEND
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000)
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000) (JUGEMレビュー »)
矢田部 英正
西洋人が、着物を着ていているのをいつも違和感を持ちながら、眺めていたが、それは、日本人がロック・ミュージックをするようなものとも思っていたが、この本は、現代日本人の立ち方、坐り方、服の着方、履き物の履き方など、なにげない日常の動作から浮かび上がってくる、身体にしみこんだ武道、茶道、能薬、禅など伝統文化の深層。
「身体」を通した画期的な今までにない全く新しい日本人論。
+RECOMMEND
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書)
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
吉見 俊哉
今、読んでいます。
気鋭の社会学者が記述した現代史だけあって、大変、面白いです。
+RECOMMEND
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌]
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

今の言論ジャーナリズムに、「原発に対する多様な見方を提出していないではないか。」と記事に書きましたが、それは、僕の思い上がりでした。
ちゃんと、ありました。
注目していた雑誌ですが、バックナンバーでも特別企画を組んでいます。
+RECOMMEND
ちくま哲学の森 1 生きる技術
ちくま哲学の森 1 生きる技術 (JUGEMレビュー »)

「文学の森」というのは知っていたのですが、「哲学の森」といのも刊行予定だそうです。
+RECOMMEND
日本の大転換 (集英社新書)
日本の大転換 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
中沢 新一
かつてのニュー・アカからの提言。
+RECOMMEND
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書)
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
畑村 洋太郎
本屋で目次のみ見ましたが、とても興味深そうでした。
著者は、「失敗学」の専門家です。
「原発事故調査・検証委員会」委員長になられたそうです。
+RECOMMEND
原発のウソ (扶桑社新書)
原発のウソ (扶桑社新書) (JUGEMレビュー »)
小出 裕章
今最も売れている原発に関する本。
+RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

今回の福島原発事故が起きる以前ずっと前から、真摯に市民として原発の危険性を訴えていた高木仁三郎氏の著書。

高木仁三郎氏は、惜しくも近年、亡くなっておられます。
+RECOMMEND
日本中枢の崩壊
日本中枢の崩壊 (JUGEMレビュー »)
古賀 茂明
話題の本です。
+RECOMMEND
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている! (JUGEMレビュー »)
藤本 一勇,清家 竜介,北田 暁大,毛利 嘉孝
正真正銘の現代思想入門の本です。
全く初めての方にとっては、少し難しいかも知れませんが・・。
+RECOMMEND
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫)
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 英敬
出版されたのは、随分以前ですが、すぐに書店から消えてしまい、目次なども確かめられないままにきました。
先日、重版されたのか、書店で見かけ立ち読みしました。
予想通り、とても興味深そうでした。
+RECOMMEND
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則 (JUGEMレビュー »)
P・F. ドラッカー,上田 惇生
今、売れています!!
+RECOMMEND
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207)
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207) (JUGEMレビュー »)
中野 明
最近、読み終えた本です。
ドラッカー本といっても、ちまたの軽い本ではありません。
大変、示唆に富む本でした。
今、まとめに入っています。
いずれ記事で紹介できればと思ってます。
+僕の本棚
ブブログに登録してある「ドラッカーに関する本」


+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【福島原発】 連日、報道される放射線内部被爆の報道を受けて → 江上信雄 著 『生きものと放射線』 東京大学出版会 (1975年)の【目次】の紹介 | main | Character Of Zenkyoto Generation And Zenkyoto Junior No.1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
[ Japanese social media report ] Marx said that "A specter is haunting Europe ― the specter of communism. " On Manifesto of the Communist Party. But we have to say that "A specter is haunting Japan ― the specter of Zenkyoto=全共闘."
Will Tachiiri (@tachiiri) analyzed that Japanese people don't want to talk about politics.
But I think its different.

Japanese Internet world is filled with the political messages.
But most political message is not sense.

Simple unpleasant or satisfaction.
They will prevention the Social Media action of Japanese business.

And exits of them predict becoming a big problem after 2030.


Thank you, thank you for your message.
Your message taken us could not see without our tears for our real and true Bushi like Japanese Hollywood Star Ken Watanabe you called Samurai.

My grandfather i proud of never,ever fought you in World War 2 for resent Japanese GAKIDOMO.

I am very happy to have my proud grandfather who lived in Mage Age and fought as First Lieutenant in World War 2 but not my father as a small man.

I say again that thank you!



YouTube



Continue click [続きを読む >>]


The Great Creator such Ryuichi Sakamoto and Haruki Murakami is talking about Nuclear Power Plant in Japan.

They run a risk that Sakamoto specially might lost his profession in Japanese crazy Journal Area fulled by a Zenkyoto World Words.

But Nobody in Japan hear them.
Because True Great Creator such them exits not major streets.
Do you know Zenkyoto that broken all of Japanese culture?

Haruki Murakami recent began saying Political Messege is one of Zenkyoto Generation himself.
He attack aggressive by juniors of them .

Have we who are presented Art Works from them needs to keep silence?
All the time?
How do we act ?


I'm very very angry.
Because Japan Society is now broken again by Zenkyoto juniors.

An Angry Young American Generation will grow up to people like Barack Hussein Obama, Jr. and Hillary Rodham Clinton.
And In French they given damage changed their ideas to Post Modernist.


But Japanese Zenkyoto=全共闘 was gived nothing in Japanese Society, only broken and broken its.

They and their Sons is like simple Thinpira.
But terrifed us more than Japanese Yakuza.
Because they are terrifying nothing.

Kan Naoto is probably one of Zenkyoto Genaration.
Only maybe they have a mutual crush each other.

We bona fide Japanese never repeat again 40 years ago.

The way believing not Authority and toying with the political word using Internet as weapons.
We are watching just like their Fighting Fathers.

Leaving this situation alone , Japanese Society will have fall out.
And this thing may involve the world.


In Japan Real World and Internet World, Jealousy caused by these two generation is swirling now.

If you are interested in Zenkyoto=全共闘, copy and paste this word "全共闘" and research on YouTube.
Why do I it?

I don't want to get involved in their trouble.

The last, please listening to this music as our KIBOU, HOPE.
上を向いて歩こう - EPLP
上を向いて歩こう - EPLP

The title of this music is "Living Upside".
We now have a hardship,but we have to "Living Upside".


Probably you have listening experience to this music.
But this music is different in arrangement from its.

The music you know is by Kyu Sakamoto.
We New Japanese people loving music listen to this music.


Over.


My Twilog
Kazuo Ito(@oidyjf) - Twilog






| 日本の政治・社会に物申す | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:09 | - | - |









http://gakumon-suru.jugem.jp/trackback/38