AX
+RSS
Add to google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader



このエントリーをはてなブックマークに追加

塾バイトFAQもあり、同じ大学生の先輩たちが教えてくれたり、研修もあるという塾講師JAPAN。新入生の方、のぞいてみれば。 全国からも探せるようです。


Honya Club.com

PINGOO!より新サービス!!
ブログの更新をメールで配信

フリーメールでも利用できるかもしれません
あなたのメールボックスに、更新通知をお届け!!



提供:PINGOO!


ブブログに登録してある「現代思想の本」




+PROFILE
+ランキングサイト
ランキングサイトに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします!!

PINGOO!カテゴリ教育・教養

+RECOMMEND
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000)
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000) (JUGEMレビュー »)
矢田部 英正
西洋人が、着物を着ていているのをいつも違和感を持ちながら、眺めていたが、それは、日本人がロック・ミュージックをするようなものとも思っていたが、この本は、現代日本人の立ち方、坐り方、服の着方、履き物の履き方など、なにげない日常の動作から浮かび上がってくる、身体にしみこんだ武道、茶道、能薬、禅など伝統文化の深層。
「身体」を通した画期的な今までにない全く新しい日本人論。
+RECOMMEND
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書)
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
吉見 俊哉
今、読んでいます。
気鋭の社会学者が記述した現代史だけあって、大変、面白いです。
+RECOMMEND
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌]
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

今の言論ジャーナリズムに、「原発に対する多様な見方を提出していないではないか。」と記事に書きましたが、それは、僕の思い上がりでした。
ちゃんと、ありました。
注目していた雑誌ですが、バックナンバーでも特別企画を組んでいます。
+RECOMMEND
ちくま哲学の森 1 生きる技術
ちくま哲学の森 1 生きる技術 (JUGEMレビュー »)

「文学の森」というのは知っていたのですが、「哲学の森」といのも刊行予定だそうです。
+RECOMMEND
日本の大転換 (集英社新書)
日本の大転換 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
中沢 新一
かつてのニュー・アカからの提言。
+RECOMMEND
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書)
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
畑村 洋太郎
本屋で目次のみ見ましたが、とても興味深そうでした。
著者は、「失敗学」の専門家です。
「原発事故調査・検証委員会」委員長になられたそうです。
+RECOMMEND
原発のウソ (扶桑社新書)
原発のウソ (扶桑社新書) (JUGEMレビュー »)
小出 裕章
今最も売れている原発に関する本。
+RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

今回の福島原発事故が起きる以前ずっと前から、真摯に市民として原発の危険性を訴えていた高木仁三郎氏の著書。

高木仁三郎氏は、惜しくも近年、亡くなっておられます。
+RECOMMEND
日本中枢の崩壊
日本中枢の崩壊 (JUGEMレビュー »)
古賀 茂明
話題の本です。
+RECOMMEND
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている! (JUGEMレビュー »)
藤本 一勇,清家 竜介,北田 暁大,毛利 嘉孝
正真正銘の現代思想入門の本です。
全く初めての方にとっては、少し難しいかも知れませんが・・。
+RECOMMEND
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫)
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 英敬
出版されたのは、随分以前ですが、すぐに書店から消えてしまい、目次なども確かめられないままにきました。
先日、重版されたのか、書店で見かけ立ち読みしました。
予想通り、とても興味深そうでした。
+RECOMMEND
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則 (JUGEMレビュー »)
P・F. ドラッカー,上田 惇生
今、売れています!!
+RECOMMEND
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207)
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207) (JUGEMレビュー »)
中野 明
最近、読み終えた本です。
ドラッカー本といっても、ちまたの軽い本ではありません。
大変、示唆に富む本でした。
今、まとめに入っています。
いずれ記事で紹介できればと思ってます。
+僕の本棚
ブブログに登録してある「ドラッカーに関する本」


+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3


<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 前著の方が断然、良かった 和田秀樹著『大人のための勉強法 パワーアップ編』(PHP新書) | main | 新書大賞受賞 内田樹 『日本辺境論』の内容紹介 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
オンラインで書籍を購入するネット書店比較 新刊編
人はネットで本を買う時、何を参考に何を基準にしているのでしょうか?
一頃は、ネットで書籍を買う=Amazonを利用する でしたが、現在、様々なネット書店が開設されています。
この記事では、そんなネット書店の代表的なものを集め、それぞれの特徴と違いを僕なりにまとめてみました。

尚、この記事は、随時更新し、新たなネット書店を追加していくつもりです。
また、古本編、雑誌定期購入編も投稿するつもりですので、お楽しみにー。


Amazon(アマゾン)
ネット書店の最大手。口コミ(ユーザーレビュー)をはじめ様々なサービスを仕掛けてくるWeb2.0的代表的な企業でもある。
世の中に存在する本でAmazon(アマゾン)にない本はないのではないかと思うくらい古書(そのほとんどが中古本ではあるが)も網羅している。

オンライン書店【ビーケーワン】(bk1)
このビーケーワン(bk1)は、商売上手であると同時に本を愛しているスタッフの思いもひしひしと感じます。
どういうところが商売上手かといえば、まずキャンペーンの仕掛け方である。
お気づきの方も多いと思いますが、このサイトのサイドにビーケーワン(bk1)ギフト券コードを貼り付けてありますが、このビーケーワン(bk1)ギフト券コードを利用すると、3000円以上のお買い物で1割に当たる300円が割引になります。
また、1万円以上のお買い物で同じく1割に当たる1000ポイント(1円=1ポイントとして、ビーケーワン(bk1)のお買い物に利用できます。)が獲得できます。
また、通常のお買い物にもビーケーワン(bk1)ポイントを獲得できます。
また、足跡キャンペーンとして毎日、ビーケーワン(bk1)にログインして、カレンダーに足跡を残すと1ポイント、皆勤賞にはさらにポイントが貰えるというユニークな試みも。
この1万円以上のお買い物で1000ポイント貰えるというキャンペーンは、高い専門書などを購入される方にとっては、非常に嬉しいキャンペーンではないでしょうか。
ついでに、ビーケーワン(bk1)ギフト券コードを利用すると、実質1300円の値引きとなります。
僕も、この魅力には勝てず、なるたけ一挙に本を買うようにし、ついつい高い書籍も一緒に購入してしまうことも(笑)
また、このビーケーワン(bk1)では、書評ポータルというものがあり、毎週、何点か「これは」という優秀な書評を表彰しています。
選ばれる書評は、どれもう〜んとうなされるものばかり。
選考者によっては、つまらないものとなりがちだが、ここの選者はレベルが高いです。
そんな噂を聞きつけてか、ここビーケーワン(bk1)の今週のオススメ書評に選ばれることは、非常に名誉なこととなり、さらに優秀書評を数多く投稿すると「書評の鉄人」に選ばれるという趣向もあり、多くの読書系ブロガーが、このビーケーワン(bk1)に「書評の鉄人」目指して、投稿しています。
結果、質の高い書評が集まり、ときにAmazonなどの口コミレビューでは、殴り書きのようなものが見受けられますが、このビーケーワン(bk1)ではしっかりとした書評が読めます。
かくゆう私めも今のところ一度だけですが、今週のオススメ書評に掲載されたことがあります。

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
多くのネット書店では、1500円以上購入の場合にのみ送料無料に設定しているなかで、セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)では、クレジット購入でお近くのセブン・イレブンで受け取れば、送料・手数料がかからないのが大きな魅力。
「雑誌や新書、文庫本をネットで購入したいけど、送料を払うのはちょっと」という時や忙しい社会人の場合、セブン・イレブンで受け取ればOK!
サイトがリニューアルした事により、取扱いの商材カテゴリが増加。
約500万点の品揃えになり、今までの本、雑誌、CD、DVDの他、生活商材の文具・ホビー、食品、ドリンク・お酒、ホーム&キッチン、コスメ&ビューティ、ベビー&キッズ、ゲーム・おもちゃを取り扱っています。
その他、他社では購入できないこだわりの専門店もある。

| 書籍情報 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:57 | - | - |









http://gakumon-suru.jugem.jp/trackback/34