AX
+RSS
Add to google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader



このエントリーをはてなブックマークに追加

塾バイトFAQもあり、同じ大学生の先輩たちが教えてくれたり、研修もあるという塾講師JAPAN。新入生の方、のぞいてみれば。 全国からも探せるようです。


Honya Club.com

PINGOO!より新サービス!!
ブログの更新をメールで配信

フリーメールでも利用できるかもしれません
あなたのメールボックスに、更新通知をお届け!!



提供:PINGOO!


ブブログに登録してある「現代思想の本」




+PROFILE
+ランキングサイト
ランキングサイトに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします!!

PINGOO!カテゴリ教育・教養

+RECOMMEND
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000)
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000) (JUGEMレビュー »)
矢田部 英正
西洋人が、着物を着ていているのをいつも違和感を持ちながら、眺めていたが、それは、日本人がロック・ミュージックをするようなものとも思っていたが、この本は、現代日本人の立ち方、坐り方、服の着方、履き物の履き方など、なにげない日常の動作から浮かび上がってくる、身体にしみこんだ武道、茶道、能薬、禅など伝統文化の深層。
「身体」を通した画期的な今までにない全く新しい日本人論。
+RECOMMEND
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書)
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
吉見 俊哉
今、読んでいます。
気鋭の社会学者が記述した現代史だけあって、大変、面白いです。
+RECOMMEND
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌]
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

今の言論ジャーナリズムに、「原発に対する多様な見方を提出していないではないか。」と記事に書きましたが、それは、僕の思い上がりでした。
ちゃんと、ありました。
注目していた雑誌ですが、バックナンバーでも特別企画を組んでいます。
+RECOMMEND
ちくま哲学の森 1 生きる技術
ちくま哲学の森 1 生きる技術 (JUGEMレビュー »)

「文学の森」というのは知っていたのですが、「哲学の森」といのも刊行予定だそうです。
+RECOMMEND
日本の大転換 (集英社新書)
日本の大転換 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
中沢 新一
かつてのニュー・アカからの提言。
+RECOMMEND
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書)
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
畑村 洋太郎
本屋で目次のみ見ましたが、とても興味深そうでした。
著者は、「失敗学」の専門家です。
「原発事故調査・検証委員会」委員長になられたそうです。
+RECOMMEND
原発のウソ (扶桑社新書)
原発のウソ (扶桑社新書) (JUGEMレビュー »)
小出 裕章
今最も売れている原発に関する本。
+RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

今回の福島原発事故が起きる以前ずっと前から、真摯に市民として原発の危険性を訴えていた高木仁三郎氏の著書。

高木仁三郎氏は、惜しくも近年、亡くなっておられます。
+RECOMMEND
日本中枢の崩壊
日本中枢の崩壊 (JUGEMレビュー »)
古賀 茂明
話題の本です。
+RECOMMEND
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている! (JUGEMレビュー »)
藤本 一勇,清家 竜介,北田 暁大,毛利 嘉孝
正真正銘の現代思想入門の本です。
全く初めての方にとっては、少し難しいかも知れませんが・・。
+RECOMMEND
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫)
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 英敬
出版されたのは、随分以前ですが、すぐに書店から消えてしまい、目次なども確かめられないままにきました。
先日、重版されたのか、書店で見かけ立ち読みしました。
予想通り、とても興味深そうでした。
+RECOMMEND
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則 (JUGEMレビュー »)
P・F. ドラッカー,上田 惇生
今、売れています!!
+RECOMMEND
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207)
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207) (JUGEMレビュー »)
中野 明
最近、読み終えた本です。
ドラッカー本といっても、ちまたの軽い本ではありません。
大変、示唆に富む本でした。
今、まとめに入っています。
いずれ記事で紹介できればと思ってます。
+僕の本棚
ブブログに登録してある「ドラッカーに関する本」


+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3


<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 梅田望夫著 『ウェブ時代をゆく−いかに働き、いかに学ぶか』 就活中の君にこそ読んで欲しいウェブ時代の人生指南書 | main | オンラインで書籍を購入するネット書店比較 新刊編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
前著の方が断然、良かった 和田秀樹著『大人のための勉強法 パワーアップ編』(PHP新書)
前著『大人のための勉強法』(PHP新書)をよんでいるため紹介する順序が逆になりますが、今回は、その続編である和田秀樹著『大人のための勉強法 パワーアップ編』(PHP新書)を紹介します。
前著『大人のための勉強法』は、結構理詰めで「現代において頭がいいとは?」とかが詳細に書かれており、読むのが結構大変でしたが、大いに傾聴すべきものがありました。
しかしながら、大して準備せずに『大人のための勉強法』が売れたため、編集者からの要請で書かれたのであろうか、この『大人のための勉強法 パワーアップ編』は、砕けた口調で書かれていますが、全くといっていいほど、ためになりませんでした。
ただ、「第4章 大人の勉強のための「選ぶ技術」」は、これから何かを勉強しようかと考えている社会人の方にとっては、有意義な内容となっております。
それでは、各章ごとに、僕の意見を交えながら紹介していくことにします。


大人のための勉強法―パワーアップ編 (PHP新書145)
大人のための勉強法―パワーアップ編 (PHP新書145)
PHP研究所 2001-03-15
売り上げランキング : 87125

おすすめ平均 star
star勉強中の社会人に心強い本
starさすがにネタも流し読み
star前編はすごく良かったですが,,

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


携帯でご覧の方はコチラ   大人のための勉強法―パワーアップ編 (PHP新書145)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)でお求めの方はコチラ
大人のための勉強法 パワーアップ編 icon
セブンアンドワイのセブン-イレブン受取りなら送料0円!
ビーケーワン(bk1)でお求めの方はコチラ
大人のための勉強法 パワーアップ編
(3000円以上の購入で使えるギフト券を使えば、お得!!今月のギフト券コードは「10affivc02050228」です。)
古本
ブックオフオンラインで購入する
大人のための勉強法 パワーアップ編(パワーアップ編)PHP新書
古本市場オンラインで購入する
大人のための勉強法 パワーアップ編 icon
(在庫がない場合なども「入荷お知らせメール」に登録していると便利です。)

<目次>
序章 同じ方法で勉強していても「差」がつく理由
第1章 勉強方法をプロデュースする
第2章 勉強の「やる気」を維持する
第3章 勉強のマイナスを減らすテクニック
第4章 大人の勉強のための「選ぶ技術」
終章 知識社会で生き延びていくために

<内容紹介>
序章 同じ方法で勉強していても「差」がつく理由
誰でもが、この序章のタイトルにあるような「同じ方法で勉強していても「差」がつく理由」を知りたいところです。
が、ストレートには和田秀樹先生は答えてくれません。
まず「勉強の成果とは何か?」と問い、認知心理学の考え方から応えます。
そして、和田秀樹氏は勉強の成果を知識化するためだけではダメで、ビジネスでも使える「頭のよさ」を身につけることであると主張する。
これには僕は全く異論がありません。
そして、この『大人のための勉強法―パワーアップ編』において究極的には、このビジネスでも使える「頭のよさ」を身につける方法を考えてみたいと述べておられるのですが、おいおい見ていけば分かりますが、これが全くなされていません。
実際において、「現代で通用する頭の良さは何か」と考えるむきの方は、同じ著者・和田秀樹の前著『大人のための勉強法』をお勧めします。
ただ、半分以上のページを割いて「現代で通用する頭の良さ」を理知的に難しく書かれてある前著『大人のための勉強法』よりも、この序章「同じ方法で勉強していても「差」がつく理由」はより砕けた形で紹介されていますので、興味がある方は、この序章「同じ方法で勉強していても「差」がつく理由」だけでも読めば少しは役立つかもしれません。
和田秀樹氏は、大人になってからの「同じ方法で勉強していても「差」がつく理由」は、生き方の差であると結論づけており、「同じ方法で勉強していても「差」がつく理由」をそのものズバリ喝破してくれるわけではないのです。

第1章 勉強方法をプロデュースする
この第1章 勉強方法をプロデュースするにおいて、和田秀樹氏自身が臨床心理士の試験勉強法が紹介されている。
ここで僕が目に付いた事柄は、「我慢しない」ということくらいであるが、これも前著『大人のための勉強法』で紹介している事柄である。
つまり、試験勉強のために、好きなTVやゲームなどを「我慢しない」ということである。
「我慢する」ことによって、余計に試験勉強の能率が落ちる、そうならないために「我慢しない」ということである。
その他、和田秀樹氏自身の臨床心理士の試験勉強法が事細やかに記述されているが、何らかのヒントを得る人もいるかもしれませんが、う〜ん、なるほどと唸るような勉強法ではありません。
まあ、どうしても短期間で資格試験などをとらざろう得ない、喉から手が出るほど、何とかせねばいけないのっぴきならない状況の方には、あるいは役に立つかもしれませんが。

第2章 勉強の「やる気」を維持する
この「勉強の「やる気」を維持する」よい方法があれば、誰もが知りたいところだ。
皆、英会話などの勉強を始めたはものの、挫折した経験は大なり小なり経験したことであろう。
ここでは、和田秀樹氏は「興味があり、勉強を楽しめるものは続けられる。」と答える。
そして、話は勉強を長期間、維持するためには、勉強への動機付けが大切であると和田秀樹氏は述べる。
そして、その動機付けを内発的なものと誰かに褒められたいとかという外的的なものに分け、内発的な動機を重視する心理学に対して、外発的な動機を重視する精神医学を紹介し、やる気のあるなしより、やるかどうかであると和田秀樹氏の身も蓋もないような意見を述べている。
確かに、あーだこーだと考える前に勉強を実践し、習慣化することは大切であるが、それをわざわざ心理学や精神医学など難しい学問上の流れを出してまで回りくどく言い方をしてまで主張することではなかろう。
そして、外発的動機を維持するための報酬として、自分へのごほうびを与えればよいとするが、これも和田秀樹氏の独創的なことではなく、どこのビジネス書にも書かれている平凡な事柄である。
また、ここは和田秀樹氏の面目躍如なところであるが、勉強仲間を作ることを勧める。

第3章 勉強のマイナスを減らすテクニック
最初の方で和田秀樹氏は、「自分の記憶力や思考力を三倍にすることはできないが、現在の自分がしているより、三倍速く覚えたり、三倍の量を覚えたり、三倍の速さで問題を解くことはできるようになるのである。」と非常に魅惑的な事を述べるが、要はマイナス要素を減らすという極めて単純で誰でも考える、多くのビジネス書で自分の時間の使い方を洗い出し、無駄な時間を減らすという単純なことを和田秀樹氏は述べるに留まる。
ただ和田秀樹氏ならではの特徴は、精神科医だけあって人との関係は大切にするということであろう。
また、この章において教授、特に東京大学の教授になると不勉強になるというほとんどこの『大人のための勉強法―パワーアップ編』のテーマとほとんど関係ないことにしつこくページを割く。
このことは、本書執筆時点で大学教授になっていない和田秀樹氏のルサマンチンではないかと思われるが、「頭がいい」という定義を「メタ認知」、すなわち自分の置かれている状態や思考パターンを上から眺める形で認知することという非常に「頭のいい」定義をする和田秀樹氏でさえ、客観的にメタ認知を習得ことは難しいと読者は反面教師と受け止めるべきであろう。

第4章 大人の勉強のための「選ぶ技術」
ここでは、「何を勉強するか」を選ぶときのポイントが述べられているが、これは前著『大人のための勉強法』でも述べられていたことの焼き直しではあるが、砕けた文章で易しく書かれている分、学校選びのポイント、参考書の選び方、海外留学について丁寧に書かれており、「何をどう勉強しようか」と考えている向きの社会人の方には、この章を読むことによって、何がしかのヒントを得られることだろう。
この「第4章 大人の勉強のための「選ぶ技術」」だけを読むことは、有意義であると思われます。

人気ブログに参加しています。ご賛同していただければ、バーナーをクリックしてください!
にほんブログ村 哲学ブログ 哲学・思想へ
人気ブログのバーナー
TOPに戻る
JUGEMテーマ:ビジネス書評

話題の新書、何か面白い新書はないかとお探しの方は、e-honの新書フロアをどうぞ!

| 特集 社会人のための勉強法 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:03 | - | - |









http://gakumon-suru.jugem.jp/trackback/33