AX
+RSS
Add to google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader



このエントリーをはてなブックマークに追加

塾バイトFAQもあり、同じ大学生の先輩たちが教えてくれたり、研修もあるという塾講師JAPAN。新入生の方、のぞいてみれば。 全国からも探せるようです。


Honya Club.com

PINGOO!より新サービス!!
ブログの更新をメールで配信

フリーメールでも利用できるかもしれません
あなたのメールボックスに、更新通知をお届け!!



提供:PINGOO!


ブブログに登録してある「現代思想の本」




+PROFILE
+ランキングサイト
ランキングサイトに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします!!

PINGOO!カテゴリ教育・教養

+RECOMMEND
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000)
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000) (JUGEMレビュー »)
矢田部 英正
西洋人が、着物を着ていているのをいつも違和感を持ちながら、眺めていたが、それは、日本人がロック・ミュージックをするようなものとも思っていたが、この本は、現代日本人の立ち方、坐り方、服の着方、履き物の履き方など、なにげない日常の動作から浮かび上がってくる、身体にしみこんだ武道、茶道、能薬、禅など伝統文化の深層。
「身体」を通した画期的な今までにない全く新しい日本人論。
+RECOMMEND
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書)
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
吉見 俊哉
今、読んでいます。
気鋭の社会学者が記述した現代史だけあって、大変、面白いです。
+RECOMMEND
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌]
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

今の言論ジャーナリズムに、「原発に対する多様な見方を提出していないではないか。」と記事に書きましたが、それは、僕の思い上がりでした。
ちゃんと、ありました。
注目していた雑誌ですが、バックナンバーでも特別企画を組んでいます。
+RECOMMEND
ちくま哲学の森 1 生きる技術
ちくま哲学の森 1 生きる技術 (JUGEMレビュー »)

「文学の森」というのは知っていたのですが、「哲学の森」といのも刊行予定だそうです。
+RECOMMEND
日本の大転換 (集英社新書)
日本の大転換 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
中沢 新一
かつてのニュー・アカからの提言。
+RECOMMEND
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書)
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
畑村 洋太郎
本屋で目次のみ見ましたが、とても興味深そうでした。
著者は、「失敗学」の専門家です。
「原発事故調査・検証委員会」委員長になられたそうです。
+RECOMMEND
原発のウソ (扶桑社新書)
原発のウソ (扶桑社新書) (JUGEMレビュー »)
小出 裕章
今最も売れている原発に関する本。
+RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

今回の福島原発事故が起きる以前ずっと前から、真摯に市民として原発の危険性を訴えていた高木仁三郎氏の著書。

高木仁三郎氏は、惜しくも近年、亡くなっておられます。
+RECOMMEND
日本中枢の崩壊
日本中枢の崩壊 (JUGEMレビュー »)
古賀 茂明
話題の本です。
+RECOMMEND
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている! (JUGEMレビュー »)
藤本 一勇,清家 竜介,北田 暁大,毛利 嘉孝
正真正銘の現代思想入門の本です。
全く初めての方にとっては、少し難しいかも知れませんが・・。
+RECOMMEND
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫)
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 英敬
出版されたのは、随分以前ですが、すぐに書店から消えてしまい、目次なども確かめられないままにきました。
先日、重版されたのか、書店で見かけ立ち読みしました。
予想通り、とても興味深そうでした。
+RECOMMEND
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則 (JUGEMレビュー »)
P・F. ドラッカー,上田 惇生
今、売れています!!
+RECOMMEND
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207)
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207) (JUGEMレビュー »)
中野 明
最近、読み終えた本です。
ドラッカー本といっても、ちまたの軽い本ではありません。
大変、示唆に富む本でした。
今、まとめに入っています。
いずれ記事で紹介できればと思ってます。
+僕の本棚
ブブログに登録してある「ドラッカーに関する本」


+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 宅本便でブックオフ店舗で使えるお買物券500円分プレゼント!! | main | 前著の方が断然、良かった 和田秀樹著『大人のための勉強法 パワーアップ編』(PHP新書) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
梅田望夫著 『ウェブ時代をゆく−いかに働き、いかに学ぶか』 就活中の君にこそ読んで欲しいウェブ時代の人生指南書
あとがきで述べられているように、この『ウェブ時代をゆく−いかに働き、いかに学ぶか』は、ウェブ時代の意味を描いた『ウェブ進化論』と対になった「その時代に生まれる新しい生き方の可能性」をテーマとしている。
そして、志さえ持てば、ウェブは「人生のインフラ」として「個」を大いに助けてくれる。そのことを、出来るだけ多くの人たちに伝えたいと思い、本書を執筆したと明かす。
この梅田望夫氏の真摯な思いは、ストレートに私に伝わり、大いに私を勇気付けてくれた。

この梅田望夫氏のオプティミズム(楽天主義)につなれかれた『ウェブ時代をゆく−いかに働き、いかに学ぶか』は、会社人間である、フリーランスである、にかかわらずウェブ時代という「もうひとつの地球」が存在する時代の新しい生き方を実践している/しようとしている人たちへの応援歌であり、私も勇気付けられました。
また、著者である梅田望夫氏は、小見出しの付け方が上手く、文章も論理的に整理してあり、非常に読みやすい。



携帯でご覧の方はコチラ   ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)でお求めの方はコチラ   ウェブ時代をゆく いかに働き、いかに学ぶか
セブンアンドワイのセブン-イレブン受取りなら送料0円!
ビーケーワン(bk1)でお求めの方はコチラ   ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか
(3000円以上の購入で使えるギフト券を使えば、お得!!今月のギフト券コードは「10affivc02050228」です。)
紀伊國屋書店BOOKWEBでお求めの方はコチラ   ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか
e-honでお求めの方はコチラ   ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか
e-hon書店受け取りなら送料無料!!

<目次>
序章 混沌として面白い時代
第一章 グーグルと「もうひとつの地球」
第二章 新しいリーダーシップ
第三章 「高速道路」と「けものみち」
第四章 ロールモデル思考法
第五章 手ぶらの知的生産
第六章 大組織vs.小組織
第七章 新しい職業
終章 ウェブは自ら助くる者を助く
あとがき

<内容紹介>
梅田望夫氏は、ネット空間=「もうひとつの地球」が存在すし、ウェブ進化という「産業革命前夜」のイギリスに匹敵する大変化に直面している我々の生涯は「一身にして二生を経るが如し」だという。
そんな大変化をオプティミズム(楽天主義)を基本姿勢に据えて考えるという。
その理由を5つ、提出しているが、ここでは、その2,3を紹介すると、(1)ネットが「巨大な強者」(国家、大資本・・・)よりも「小さな弱者」(個人、小組織・・・)と親和性の高い技術であること。(2)ネットが善なるものを、集積する可能性を秘めた技術であること。(3)ネットがこれまで「ほんの一部の人たち」にのみ可能だった行為(例:表現、社会貢献)を、すべての人々に開放する技術であること、などを挙げている。

そして、そのネット空間の最大の存在がグーグル(Google)であるという。
また、ネットの登場により、学習プロセスを巡って大きな変化がおきつつあるという。
その変化の本質を梅田望夫氏は、羽生善治二冠の言葉を借りて「学習の高速道路と大渋滞」と呼ぶ。
ネットによって、「学習の高速道路」が、あらゆる分野に敷かれようとしている。
ただ、その「学習の高速道路」を走りきったなと思ったあたり(「その道のプロ」寸前)で大渋滞が起こるのだと羽生善治二冠は言う。
梅田望夫氏は、その大渋滞の先をサバイバルする二つの選択肢を主張する。
大渋滞を抜けようと「高く険しい道」を目指すか、高速道路を降りて道標のない「けものみち」を歩いていくか、である。

また梅田望夫氏は、オープンソースの思想と、それを支える先進国のプログラマーの若者たちに新しい生き方の追求を見る。

第一章 グーグルと「もうひとつの地球」には、ウェブ時代を生きる心構えを考えていく上で、明確に理解しておく必要があるというグーグル(Google)の思想について割かれている。
第二章 新しいリーダーシップでは、オープンソースに寄与する開発者の仕事への姿勢の不思議さを探り、その「人生をうずめる」ほどの没頭ぶりを示す新しいリーダー像となるオープンソースのリーダーらの仕事への姿勢やお金(広告収入など)への考え方に迫っている。
第三章 「高速道路」と「けものみち」で高速道路を猛スピードで走る少女の例として、将棋界の里見香奈女流初段の例を挙げている。
また、梅田望夫氏が考える「けものみち」を生き抜く思考法を紹介している。
この第三章 「高速道路」と「けものみち」において、梅田望夫氏は、これからの時代の成功のカギは、リアルの地球と「もうひとつの地球」を自由に行き来しながら創造的に生きることだと思うと述べているが、それはまさにそのとうりであろう。

第四章 ロールモデル思考法では、さて実際、「どの高速道路をゆくのか」「どういうけものみちを歩くのか」を選ぶときに核となる「好き」(志向性)を見つけ育てるための思考法をテーマに綴られている。
著者・梅田望夫氏によれば、このロールモデル思考法は「ブログを書く」ことと実に親和性が高いのだそうだ。
第五章 手ぶらの知的生産でウェブ進化がもたらした「知的生産」の新しい地平を覘いている。
その中では、アメリカのトップレベルの大学の講義・講演を瞬時に共有することが可能になったこと、グーグル(Google)が行っている図書館の書籍をコピーし、巨大な検索エンジン(グーグル・ブックサーチ)を作ろうとしている試みが紹介され、「しらべ、読み、考え」る対象となる素材がウェブ上に無償に溢れる未来が、私たちに、「手ぶらの知的生活」という素晴らしい自由をもたらすと梅田望夫氏は言う。
そして、「文系のオープンソースの道具」、端的に言うと志向性を同じくする人達の全体の質を維持したバーチャル・コミュニティのようなものが欲しいという。
詳しくは述べないが、その「文系のオープンソースの道具」について、梅田望夫氏は7つの具体的なイメージを提出している。
僕も、このブログを含めて幾つかのブログを運営していますが、このような「文系のオープンソースの道具」が欲しいと切実に願う。しかしながら、同時にそれは現実的には中々難しいであろうとも思う。

第六章 大組織vs.小組織において情報共有をキーワードに小組織、大組織でのウェブ時代の働き方について書かれており、「「三十歳から四十五歳」という大切な時期を無自覚に過ごすな」など著者・梅田望夫氏の仕事論となっている。
この章は、特に就活中の若い人たちを中心とした若い層に、是非とも読んで欲しい。

第七章 新しい職業では、「もうひとつの地球」であるネット社会とリアル社会の境界に「新しい職業」がたくさん生まれつつあるとし、オープンソースが生んだ新しい「雇用のかたち」や趣味の周囲で「好き」を貫きながら生計を立てるミュージシャンの例を紹介している。
これら「新しい職業」の誕生を信じる人に著者・梅田望夫氏は、「ウェブ・リテラシーを持つ」ことを進める。
この著者・梅田望夫氏が主張する「ウェブ・リテラシー」は、「ウェブ上に氾濫する情報の真贋を見極める」という低いレベルのリテラシーではなく、端折って紹介すると、「プログラミング能力を持ち、サイト構成能力を身に付けている」という非常に高いレベルのウェブ・リテラシーのことを指す。

終章 ウェブは自ら助くる者を助くで、「ネット世界」は「リアル社会」以上に「自助の精神」が必要な世界であると述べ、「時代の大きな変わり目」に生まれる「志向性の共同体」や「小さな組織」や「新しい職業」の増加は、日本社会のシステムにうまく合わずに苦しんでいる人たちにも、サバイバルの可能性を広げるものだ、と結んでいる。

関連記事
ベストセラー 梅田望夫著「ウェブ進化論−本当の大変化はこれから始まる」 | SOHO目指して奮闘中!

人気ブログに参加しています。ご賛同していただければ、バーナーをクリックしてください!
にほんブログ村 哲学ブログ 哲学・思想へ
人気ブログのバーナー
TOPに戻る
JUGEMテーマ:ビジネス書

話題の新書、何か面白い新書はないかとお探しの方は、e-honの新書フロアをどうぞ!


| 梅田望夫 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 23:47 | - | - |









http://gakumon-suru.jugem.jp/trackback/30
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか
大ベストセラーとなった『ウェブ進化論』は、主として現在のWeb状況の解説のほうが主体になっていた感があるが、今回はそれを踏まえた上でのWeb2.0時代における"生き方"に重点をおいて説いている。
| 映画のメモ帳+α | 2010/02/18 1:45 AM |
「ウェブ時代をゆく 」梅田望夫さん講演 at 丸善
JUGEMテーマ:読書 本日、丸善丸の内本店で行われた梅田望夫さんの講演に行ってまいりました。 最初から余談で申し訳ないのですが、講演は8時ジャスト、質疑応答も8時30分ジャストに終わったのが「プロだ…」と思いました。 (講演の冒頭で「私はコンサルをやって
| ハピネス道 | 2010/02/18 9:15 AM |
ウェブ時代をゆく
『ウェブ時代をゆく』を読んだよ。このウェブの時代に、どう生きどう仕事をするかなぁ〜。 筆者・梅田氏の前著『ウェブ進化論』では、グーグルを中心として動き始めたウェブ環境の変化を紹介した本だったけれども、本書はその環境を基盤に我々がどのように仕事をしてい
| 活字中毒者地獄のりす蔵 | 2010/02/21 9:42 AM |