AX
+RSS
Add to google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader



このエントリーをはてなブックマークに追加

塾バイトFAQもあり、同じ大学生の先輩たちが教えてくれたり、研修もあるという塾講師JAPAN。新入生の方、のぞいてみれば。 全国からも探せるようです。


Honya Club.com

PINGOO!より新サービス!!
ブログの更新をメールで配信

フリーメールでも利用できるかもしれません
あなたのメールボックスに、更新通知をお届け!!



提供:PINGOO!


ブブログに登録してある「現代思想の本」




+PROFILE
+ランキングサイト
ランキングサイトに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします!!

PINGOO!カテゴリ教育・教養

+RECOMMEND
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000)
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000) (JUGEMレビュー »)
矢田部 英正
西洋人が、着物を着ていているのをいつも違和感を持ちながら、眺めていたが、それは、日本人がロック・ミュージックをするようなものとも思っていたが、この本は、現代日本人の立ち方、坐り方、服の着方、履き物の履き方など、なにげない日常の動作から浮かび上がってくる、身体にしみこんだ武道、茶道、能薬、禅など伝統文化の深層。
「身体」を通した画期的な今までにない全く新しい日本人論。
+RECOMMEND
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書)
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
吉見 俊哉
今、読んでいます。
気鋭の社会学者が記述した現代史だけあって、大変、面白いです。
+RECOMMEND
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌]
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

今の言論ジャーナリズムに、「原発に対する多様な見方を提出していないではないか。」と記事に書きましたが、それは、僕の思い上がりでした。
ちゃんと、ありました。
注目していた雑誌ですが、バックナンバーでも特別企画を組んでいます。
+RECOMMEND
ちくま哲学の森 1 生きる技術
ちくま哲学の森 1 生きる技術 (JUGEMレビュー »)

「文学の森」というのは知っていたのですが、「哲学の森」といのも刊行予定だそうです。
+RECOMMEND
日本の大転換 (集英社新書)
日本の大転換 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
中沢 新一
かつてのニュー・アカからの提言。
+RECOMMEND
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書)
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
畑村 洋太郎
本屋で目次のみ見ましたが、とても興味深そうでした。
著者は、「失敗学」の専門家です。
「原発事故調査・検証委員会」委員長になられたそうです。
+RECOMMEND
原発のウソ (扶桑社新書)
原発のウソ (扶桑社新書) (JUGEMレビュー »)
小出 裕章
今最も売れている原発に関する本。
+RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

今回の福島原発事故が起きる以前ずっと前から、真摯に市民として原発の危険性を訴えていた高木仁三郎氏の著書。

高木仁三郎氏は、惜しくも近年、亡くなっておられます。
+RECOMMEND
日本中枢の崩壊
日本中枢の崩壊 (JUGEMレビュー »)
古賀 茂明
話題の本です。
+RECOMMEND
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている! (JUGEMレビュー »)
藤本 一勇,清家 竜介,北田 暁大,毛利 嘉孝
正真正銘の現代思想入門の本です。
全く初めての方にとっては、少し難しいかも知れませんが・・。
+RECOMMEND
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫)
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 英敬
出版されたのは、随分以前ですが、すぐに書店から消えてしまい、目次なども確かめられないままにきました。
先日、重版されたのか、書店で見かけ立ち読みしました。
予想通り、とても興味深そうでした。
+RECOMMEND
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則 (JUGEMレビュー »)
P・F. ドラッカー,上田 惇生
今、売れています!!
+RECOMMEND
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207)
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207) (JUGEMレビュー »)
中野 明
最近、読み終えた本です。
ドラッカー本といっても、ちまたの軽い本ではありません。
大変、示唆に富む本でした。
今、まとめに入っています。
いずれ記事で紹介できればと思ってます。
+僕の本棚
ブブログに登録してある「ドラッカーに関する本」


+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2008年、ノーベル平和賞の業績 | main | 2009年もいよいよ大詰め!今年話題になった本を再チェック! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
黒田龍之介 「はじめての言語学」〜言語学のよき入門書
現代思想の源流となったソシュールの言語学を面白いと思い、言語学一般は、どのような学問であろうかと思い、本書黒田龍之介「はじめての言語学」を手にとってみた。
結論から言うと、言語学一般とはなんて退屈で地道な努力がいる学問であろうかという感想を持った。
これは黒田龍之介「はじめての言語学」が悪書というのではなく、逆に言語学全般を網羅し、平易でわかりやすく書かれた良書であるからこそ持ちえた感想である。
それではまず目次から見てみましょう。

はじめに −言語学は科目である
第1章 言語学をはじめる前に −ことばについて思い込んでいること
第2章 言語学の考え方 −言語学にとって言語とは何か?
第3章 言語学の聴き方 −音について
第4章 言語学の捉え方 −文法と意味について
第5章 言語学の分け方 −世界の言語をどう分類するか?
第6章 言語学の使い方 −言語がわかると何の得になるか?
もっと言語学を知りたい人へ

携帯でご覧の方はコチラ   はじめての言語学 (講談社現代新書)
セブンアンドワイでお求めの方はコチラ   はじめての言語学 icon
セブンアンドワイのセブン-イレブン受取りなら送料0円!
ビーケーワン(bk1)でお求めの方はコチラ   はじめての言語学
楽天ブックスでお求めの方はコチラ   はじめての言語学
e-honでお求めの方はコチラ   はじめての言語学
e-hon書店受け取りなら送料無料!!

内容を紹介すると
☆言語学のポイント
・音を重視する
・「みんなが共通に使っていることば」を研究対象にする
・現在を重視する

第2章 言語学の考え方 −言語学にとって言語とは何か?
言語学は、「言語は記号の体系である」と考える。
記号:何かを指し示している代用物のこと

文を語に分け、さらに語を音に分ける。
◎二重分節性
文は語からできている
語は音からできている
◎恣意性
言語と意味の結びつきは原則的に必然性がない。
(このあたりは、ソシュールの思想からも理解できました。)

第3章 言語学の聴き方 −音について
言語は音が基本。
・声の上げ下げで意味が変わる

第4章 言語学の捉え方 −文法と意味について
○3つの文法を考える
・学校文法
・記述文法
・生成文法

世界共通の文法はない。
言語学では、一番小さな意味のまとまりである《単語》がない。

第5章 言語学の分け方 −世界の言語をどう分類するか?
・言語の比較の難しさ
国や民族の違いで言語は分けれない。
通じるかどうかで判断できない。

言語には、語族と呼ばれる家系図がある。
*日本語は同系である親戚の言語がほとんどない。
言語は、常に変化し、新に発生するものがある。
*一説によればフランス語も、その起源はピジン(混成語)だったらしい。
地域差だけが方言ではない。
(社会的地位、年齢、職業の違いによる社会的方言がある。)
言語学では標準語と共通語を違う意味で使う。
標準語−理想であり権威がある。
共通語−コミュニケーションのための手段

以上、僕がノートした記述を、そのまま書き込んでみました。
第2〜5章は、言語学の主要テーマとなっているが、どれもごく基本的な入り口のみを記したと著者の黒田龍之介氏は書き記しています。
また、各章末には「読書相談室」として、さらに学びたい方への読書案内がなされています。
“言語学って一体、何?どういうことを扱っているの?”とお思いの方や、これから言語学を目指そうとしている高校生などには、優れた入門書となっています。
是非、手にとって読んでみる事をお勧めします。

人気ブログに参加しています。ご賛同していただければ、バーナーをクリックしてください!
にほんブログ村 哲学ブログ 哲学・思想へ
人気ブログのバーナー
TOPに戻る
JUGEMテーマ:新書

話題の新書、何か面白い新書はないかとお探しの方は、e-honの新書フロアをどうぞ!
テーマ別で新書をお探しの時は、新書マップ〜テーマで探す新書ガイド〜が便利です。
真ん中の検索窓にキーワードを入れてみてください。円状に各テーマが現れます。





| 言語学 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:07 | - | - |









http://gakumon-suru.jugem.jp/trackback/26