AX
+RSS
Add to google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader



このエントリーをはてなブックマークに追加

塾バイトFAQもあり、同じ大学生の先輩たちが教えてくれたり、研修もあるという塾講師JAPAN。新入生の方、のぞいてみれば。 全国からも探せるようです。


Honya Club.com

PINGOO!より新サービス!!
ブログの更新をメールで配信

フリーメールでも利用できるかもしれません
あなたのメールボックスに、更新通知をお届け!!



提供:PINGOO!


ブブログに登録してある「現代思想の本」




+PROFILE
+ランキングサイト
ランキングサイトに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします!!

PINGOO!カテゴリ教育・教養

+RECOMMEND
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000)
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000) (JUGEMレビュー »)
矢田部 英正
西洋人が、着物を着ていているのをいつも違和感を持ちながら、眺めていたが、それは、日本人がロック・ミュージックをするようなものとも思っていたが、この本は、現代日本人の立ち方、坐り方、服の着方、履き物の履き方など、なにげない日常の動作から浮かび上がってくる、身体にしみこんだ武道、茶道、能薬、禅など伝統文化の深層。
「身体」を通した画期的な今までにない全く新しい日本人論。
+RECOMMEND
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書)
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
吉見 俊哉
今、読んでいます。
気鋭の社会学者が記述した現代史だけあって、大変、面白いです。
+RECOMMEND
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌]
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

今の言論ジャーナリズムに、「原発に対する多様な見方を提出していないではないか。」と記事に書きましたが、それは、僕の思い上がりでした。
ちゃんと、ありました。
注目していた雑誌ですが、バックナンバーでも特別企画を組んでいます。
+RECOMMEND
ちくま哲学の森 1 生きる技術
ちくま哲学の森 1 生きる技術 (JUGEMレビュー »)

「文学の森」というのは知っていたのですが、「哲学の森」といのも刊行予定だそうです。
+RECOMMEND
日本の大転換 (集英社新書)
日本の大転換 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
中沢 新一
かつてのニュー・アカからの提言。
+RECOMMEND
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書)
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
畑村 洋太郎
本屋で目次のみ見ましたが、とても興味深そうでした。
著者は、「失敗学」の専門家です。
「原発事故調査・検証委員会」委員長になられたそうです。
+RECOMMEND
原発のウソ (扶桑社新書)
原発のウソ (扶桑社新書) (JUGEMレビュー »)
小出 裕章
今最も売れている原発に関する本。
+RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

今回の福島原発事故が起きる以前ずっと前から、真摯に市民として原発の危険性を訴えていた高木仁三郎氏の著書。

高木仁三郎氏は、惜しくも近年、亡くなっておられます。
+RECOMMEND
日本中枢の崩壊
日本中枢の崩壊 (JUGEMレビュー »)
古賀 茂明
話題の本です。
+RECOMMEND
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている! (JUGEMレビュー »)
藤本 一勇,清家 竜介,北田 暁大,毛利 嘉孝
正真正銘の現代思想入門の本です。
全く初めての方にとっては、少し難しいかも知れませんが・・。
+RECOMMEND
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫)
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 英敬
出版されたのは、随分以前ですが、すぐに書店から消えてしまい、目次なども確かめられないままにきました。
先日、重版されたのか、書店で見かけ立ち読みしました。
予想通り、とても興味深そうでした。
+RECOMMEND
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則 (JUGEMレビュー »)
P・F. ドラッカー,上田 惇生
今、売れています!!
+RECOMMEND
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207)
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207) (JUGEMレビュー »)
中野 明
最近、読み終えた本です。
ドラッカー本といっても、ちまたの軽い本ではありません。
大変、示唆に富む本でした。
今、まとめに入っています。
いずれ記事で紹介できればと思ってます。
+僕の本棚
ブブログに登録してある「ドラッカーに関する本」


+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3


<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ニーチェ、「この人を見よ」 | main | シリーズ 政治を問う−小泉首相を問う「ニヒリズムの宰相 小泉純一郎論」を読んで >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
橋爪大三郎「永遠の吉本隆明」で吉本隆明の思想を知る
吉本隆明といえば、以前では、色んな雑誌で出ており、どんな事柄にも首を突っ込む節操のないうるさいおじさんという印象が強い。

共同幻想論」くらい読んでいますが、彼のなにも政治や社会などのいわゆる「大文字」な事柄だけでなく、大衆が関心があるものについて自由に論じ、研究課題にすべきだという思想的態度が、宮台真司のようなブルセラを本気で研究課題に取り上げ、またそれを、社会学的に非常に価値のあることだと信じて疑わないような、いわば知識人の堕落をもたらせたと僕は、考えています。

宮台真司の「終わりなき日常を生きろ」を読んだが、同じ事を繰り返し、内容のうすぺっらな本でした。
僕が以前、定期購買していた雑誌で宮台真司は、映画評を書いていたが、映画には、結構、自信があり、ブログまで持っている(シネマつれづれ日記)僕ですら、なにを言ってるのかサッパリ解りませんでした。

その訳の解らなさがいいのか、彼(宮台真司)のことを、非常に新鮮だとか高く評価する人達も、かなりの数でいましたが、僕にはサッパリ理解できません。

さて、吉本隆明であるが、彼は、僕の好きな丸山真男を激烈に批判し、全共闘の学生を擁護し、全共闘世代の永遠のアイドルでもある。

吉本隆明の思想には、“大衆の原像”というものがあり、社会に関心を持たず、意見も持たず、行動も起こさず、日々の私的生活に埋没する人々を全面的に肯定する姿勢があるが、私は、全く組しない。

それにしても、詳しくは知らないが、全共闘において一部、存在した大衆に潜り込み、自分達だけが共有している”革命的精神”なるものを大衆に広げようとする悪しきエリート意識むき出しの行動は、吉本隆明氏の思想と論理矛盾をきたさないのだろうか。
また、彼らの行動を吉本隆明氏は、どう思っているのであろうか。

確かに「共同幻想論」の投げかけたものは大きく、在野で活発に多くの著作を残しているのは尊敬に値するが、本書でも橋爪大三郎が言うような「共同幻想論」や「言語にとって美とはなにか」が、フランス構造主義と機を一にする世界同時代性があるとは、幾らなんでも褒めすぎではなかろうか。

このように評価するのは、なにも橋爪大三郎氏だけではない。

また、全共闘世代を中心に、評論家や学者にも吉本信者が数多くいるが、これは、吉本隆明氏自身も認めるところであるが、一部を除く彼らの吉本隆明への理解は、非常に浅いものである。

一番、典型的なものは遥洋子だ。一応、上野千鶴子の下で学んだらしいが、彼女が「幻想」という言葉を使う時、その言葉の持つ意味を一度でも深く考えたことがあるのだろうか。

確かに社会が高度化され、情報社会に生きる我々は、様々な幻想を事実であるとして生きている。
また、我々個人を翻って考えても、過去からつながる自分の物語という幻想を基盤に生きている。
しかし、全てが幻想であるとは思わない。我々は、確からしい実感を伴った身体的感覚を持って生きている。
幻想だけでは、生きていけないのだ。

ようは僕にとって、吉本隆明とは、熱心な信者がいるが、それをほど価値を見出せず、やかましいおじさんで、大衆に取り入るのが非常に上手い人という印象です。

最後の「大衆に取り入るのが上手い」というのは、麻原彰晃を擁護した時点で大衆と亀裂を生んだようだが、恐らく、その事によってだろうが、雑誌でもほとんど見なくなった。

永遠の吉本隆明
永遠の吉本隆明
橋爪 大三郎
注)購入を検討の方は文字をクリックしてください!

しかしながら、僕の吉本隆明への印象は、本書を読んでも変わっていません。

しかし、本書を読んだことによって、とにもかくにも彼の著作を読んでみようと思いました。

しかし、橋爪大三郎という人は、本当にどっぷりつかった近代人だなあと思ってしまう。 それに他者への思いやりや想像力が全く欠如した冷たい知識人でもあるとも思う。
こういう案内書入門書を書かせると上手いが、自分が近代人であるという自覚もないもまま、フランス構造主義などの現代思想に言及するのは、読者に誤解や混乱をもたらすだけではないだろうか。

本書の最後の「<付録>吉本隆明はメディアである」に出てくる“権力”という概念は、完全に近代のものであって、ポスト構造主義が問題にしている権力という概念とは、全く異なる。

ただ、社会が言語によって成り立っているという着眼から、自身の研究分野を言語派社会学を選択したのは、ソシュールの言語学の大きな影響下から生まれたフランス構造主義の流れをくんでおり、慧眼に値するが。

最後に、本書「永遠の吉本隆明」の内容を紹介しておく。
まず、第1章「吉本隆明とはどんな思想家なのか」において、吉本隆明氏の資質や彼の思想の特質について述べる。

第2章「吉本隆明の仕事を読んでみる」において、彼の一連の著作が、その書かれた時代背景、全共闘世代を中心とした読者に与えた影響、その思想の内容、その独創性、そのバックボーンについて書かれている。

取り上げられている著作は「擬制の終焉」「共同幻想論」「言語にとって美とはなにか」「心的現象論」「マス・イメージ論」「ハイ・イメージ論」「アフリカ的段階について」。

第3章「吉本隆明はどう闘ってきたのか」において、反核運動への批判、「ロス・疑惑」「地下鉄サリン事件」において吉本隆明氏が雑誌等を中心に述べてきたこと、「超『戦争論』」で吉本隆明氏が見据えているものと、それに対する橋爪大三郎氏の異論が述べられています。

僕は、吉本隆明氏は、社会党を含めた旧態依然とした左翼嫌いから、反核運動に反対していたと思っていましたが、その認識は全くの誤りであったことが、よく解りました。

こんなグローバルな視点から反対なさっていたとは、当時、全く考えてもいませんでした。

第4章「吉本隆明氏と橋爪社会学と」において、吉本隆明氏と面識はないが自分の恩師であるという橋爪大三郎氏が、吉本思想から何を汲み取り、いかに自分の専門の社会学の研究テーマに影響を与えたか述べられています。

最後に「<付録>吉本隆明はメディアである(1986)」において、自分に一番影響を与えた吉本隆明氏を乗り越えようと批判と考察を試みています。


人気ブログに参加しています。ご賛同していただければ、バーナーをクリックしてください!

にほんブログ村 哲学ブログ 哲学・思想へ

人気ブログのバーナー

TOPに戻る


| 吉本隆明 | 17:18 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 17:18 | - | - |









http://gakumon-suru.jugem.jp/trackback/2
遙洋子
遙洋子遙 洋子(はるか・ようこ)は、大阪府大阪市出身のタレント、作家、フェミニスト。「遙」と「遥」は検索で区別されることに要注意。経歴武庫川女子大学|武庫川女子短期大学を卒業後、1986年から読売テレビの番組「ときめきタイムリー」で上岡龍
| そらの日記 | 2007/10/17 8:14 AM |