AX
+RSS
Add to google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader



このエントリーをはてなブックマークに追加

塾バイトFAQもあり、同じ大学生の先輩たちが教えてくれたり、研修もあるという塾講師JAPAN。新入生の方、のぞいてみれば。 全国からも探せるようです。


Honya Club.com

PINGOO!より新サービス!!
ブログの更新をメールで配信

フリーメールでも利用できるかもしれません
あなたのメールボックスに、更新通知をお届け!!



提供:PINGOO!


ブブログに登録してある「現代思想の本」




+PROFILE
+ランキングサイト
ランキングサイトに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします!!

PINGOO!カテゴリ教育・教養

+RECOMMEND
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000)
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法 (2011-09-22T00:00:00.000) (JUGEMレビュー »)
矢田部 英正
西洋人が、着物を着ていているのをいつも違和感を持ちながら、眺めていたが、それは、日本人がロック・ミュージックをするようなものとも思っていたが、この本は、現代日本人の立ち方、坐り方、服の着方、履き物の履き方など、なにげない日常の動作から浮かび上がってくる、身体にしみこんだ武道、茶道、能薬、禅など伝統文化の深層。
「身体」を通した画期的な今までにない全く新しい日本人論。
+RECOMMEND
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書)
ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉 (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
吉見 俊哉
今、読んでいます。
気鋭の社会学者が記述した現代史だけあって、大変、面白いです。
+RECOMMEND
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌]
kotoba (コトバ) 2011年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

今の言論ジャーナリズムに、「原発に対する多様な見方を提出していないではないか。」と記事に書きましたが、それは、僕の思い上がりでした。
ちゃんと、ありました。
注目していた雑誌ですが、バックナンバーでも特別企画を組んでいます。
+RECOMMEND
ちくま哲学の森 1 生きる技術
ちくま哲学の森 1 生きる技術 (JUGEMレビュー »)

「文学の森」というのは知っていたのですが、「哲学の森」といのも刊行予定だそうです。
+RECOMMEND
日本の大転換 (集英社新書)
日本の大転換 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
中沢 新一
かつてのニュー・アカからの提言。
+RECOMMEND
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書)
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
畑村 洋太郎
本屋で目次のみ見ましたが、とても興味深そうでした。
著者は、「失敗学」の専門家です。
「原発事故調査・検証委員会」委員長になられたそうです。
+RECOMMEND
原発のウソ (扶桑社新書)
原発のウソ (扶桑社新書) (JUGEMレビュー »)
小出 裕章
今最も売れている原発に関する本。
+RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

今回の福島原発事故が起きる以前ずっと前から、真摯に市民として原発の危険性を訴えていた高木仁三郎氏の著書。

高木仁三郎氏は、惜しくも近年、亡くなっておられます。
+RECOMMEND
日本中枢の崩壊
日本中枢の崩壊 (JUGEMレビュー »)
古賀 茂明
話題の本です。
+RECOMMEND
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!
現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている! (JUGEMレビュー »)
藤本 一勇,清家 竜介,北田 暁大,毛利 嘉孝
正真正銘の現代思想入門の本です。
全く初めての方にとっては、少し難しいかも知れませんが・・。
+RECOMMEND
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫)
現代思想の教科書 (ちくま学芸文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 英敬
出版されたのは、随分以前ですが、すぐに書店から消えてしまい、目次なども確かめられないままにきました。
先日、重版されたのか、書店で見かけ立ち読みしました。
予想通り、とても興味深そうでした。
+RECOMMEND
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則 (JUGEMレビュー »)
P・F. ドラッカー,上田 惇生
今、売れています!!
+RECOMMEND
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207)
ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207) (JUGEMレビュー »)
中野 明
最近、読み終えた本です。
ドラッカー本といっても、ちまたの軽い本ではありません。
大変、示唆に富む本でした。
今、まとめに入っています。
いずれ記事で紹介できればと思ってます。
+僕の本棚
ブブログに登録してある「ドラッカーに関する本」


+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3


<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
微量放射線について
然るべき時に、然るべく人達・組織が、なんらかの声明を出すべきであると考えますが
僕の結論は、「事故が起きた当初、地球圏に微量であれ、放射線が増加することに懸念を示した一人ですが、今、取り沙汰されている瓦礫受け入れによって、多くの人が放射線の影響を受けない。と考える一人である。」

震災後しばらくは、「微量放射線は、全く影響を受けない。」という見解が多数派の中、朝日新聞の科学記者が、「今、問題となっているのは、X線などの瞬間的な放射線量が問題なのではなく、蓄積量が大切だ。」と、すっぱ抜いたのは、個人的に昨年度の何らかのジャーナリズムの賞に輝いても、不思議ではないと考えている一人です。

この微量放射線に関しては、広く今の日本人が共有すべき事柄であると思いますが、SNSで長々と今、伝えるべきかどうか、僕には解りません。
この投稿を、ブロックする事もできますが、あえてそうしないことにします。
ただし、「共有」される場合、あなたの持つ影響力をよく考えてから、行なってください。

幸いにも、一時、物議をかましていた「瓦礫受け入れ」についても、「受け入れ」を表明する自治体が出てきているようです。



続きを読む >>
| 東日本大震災を受けて | 14:37 | comments(0) | - |
いつかきっと
 



Good Morning!!
You will know this song as Sukiyaki.
But Japanese title is "Walk Facing up"
We Japanese listen to this music as music of Hope.
皆さん、おはよーございます!!


続きを読む >>
| 東日本大震災を受けて | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
【福島原発】 連日、報道される放射線内部被爆の報道を受けて → 江上信雄 著 『生きものと放射線』 東京大学出版会 (1975年)の【目次】の紹介
評価:
江上 信雄
東京大学出版会
---
(1975)
コメント:大変古い本ですが、放射線のわれわれ人間を含めた生き物への影響の基礎的重要事項が簡潔にまとめられており、今でも有効なことが多いのではないでしょうか。基礎的な事とは、早々古びないものです。尚、このUP BIOLOGYシリーズは、僕も何冊か持っているのですが&

本当は内容を自分なりに消化し、それから改めて紹介すべきなのでしょうが、僕も僕の仕事があり、やらなければならない事を沢山、抱え込んでいます。
いずれ、内容についても紹介するとして、今日は、この江上信雄著『生きものと放射線』東京大学出版会(1975年)の【目次】のみの紹介とさせていただきます。

尚、震災当日の物凄い津波の映像(放映されたのは、数日後であったかと思います。)に、言葉で言い尽くされぬショックを受けて、徹夜して書いた記事はこちら。
緊急!!一般人ができる一般的災害対策。 東北関東大震災地震を受けて | ミステリーが好き・・・

UP BIOLOGY 江上信雄著『生きものと放射線』東京大学出版会(1975年)の【目次】


はしがき

1.生きものと放射線とのかかわり合いの歴史

1.1 生物の誕生・進化と放射線
1.2 生命の起源と放射線
研究の歴史−生命の起源に関する最近の説−原始的生物と放射線
1.3 生物の進化と放射線
付 放射線の種類と単位
  (トグサ 注:種類はともかく僕も報道される単位と自分が学んだ放射線の単位が違っていて非常に驚いたのですが、ここに掲載されている単位は、すでに使われていません。)
電離放射線−粒子線−宇宙線−放射線の単位

2.ヒトが放射線をあびるとどんなことがおこるか

2.1 歴史的背景
2.2 全身ひばく
急性障害−晩発性障害−決定器官
2.3 局所的ひばく
2.4 内部ひばく
2.5 遺伝的障害
2.6 その他の特殊な問題
胚や胎児のひばく−眼の水晶体のひばく
2.7 微量放射線のひばく
2.8 紫外線の影響

3. 高等動物を用いた放射線障害の解析



続きを読む >>
| 東日本大震災を受けて | 03:31 | comments(0) | trackbacks(0) |